MENU

牡蠣の摂取で起こる可能性がある、副作用などのリスク

牡蠣亜鉛サプリ 画像

栄養豊富でメリット満載の牡蠣ですが、食べることで少なからず
デメリットも併せ持つ食材です。

 

牡蠣を食べることで、副作用のような危険性がありますが、
具体的にどのようなリスクがあるのかについて、
こちらで詳しくご紹介いたします。

 

 

食中毒の危険

牡蠣 副作用 画像

 

牡蠣でもっともポピュラーな危険性と言えば、この食中毒です。

 

特に生ガキには、多くの細菌やウイルスが混入している可能性がありますから
そのまま食すことで、食中毒にかかる恐れがあります。

 

生ガキでの食事は避けて、極力、火の通ったものを食べるようにしてください。

 

なお、あらゆる食中毒の原因である細菌類は、85℃以上の温度で
1分間以上の加熱処理をすることで、殺菌が可能です。

 

牡蠣を調理するときには、充分な加熱処理を徹底してください。

 

 

ノロウイルスの危険

牡蠣 副作用 画像

 

食中毒と同じ意味でもありますが、牡蠣にはノロウイルスという
強力なウイルスが含まれている可能性もあります。

 

ノロウイルスは下痢や腹痛などの強烈な症状を引き起こすもので、
特に高齢者や子供などの抵抗力が弱い人が掛かると
命の危険もある恐ろしいウイルスです。

 

こちらも、先ほどの食中毒対策と同様に、充分な加熱処理を
施すことで、殺菌が可能ですから、下処理は欠かさずに実施しましょう。

 

 

牡蠣が痛風の原因になる?

牡蠣 副作用 画像

 

食中毒ほど認識されていませんが、実は牡蠣を食べすぎると
痛風の原因になるとされています。

 

これは、牡蠣にはたくさんのプリン体が含まれていることが理由です。

 

もともと尿酸値が高い方は、牡蠣を食べることで痛風を発症する
可能性がありますので、充分に注意をしてください。